MENU
お問い合わせ
院長:久保 啓
どこに行っても治らない症状でお悩みの方、お気軽にご相談ください!
【重要】休診のお知らせ(2024年5月27日より)

当院の治療の特徴

当院の治療の特徴

当院の治療の特徴を詳しくご説明いたします。

赤ちゃん・子ども、刺激が不安な患者様には「指さない鍼」で治療を行う

体が過敏な状態や衰弱している時、精神的に不安定な場合には、鍼を刺すと刺激過剰となり本来の効果が得られません。

身体が発達途上の子供達も同様です。

その様な場合は刺さない「接触鍼」で対応するのが効果的です。時には腹部を中心とした「夢分流打鍼術」なども用います。

「刺さない鍼」乳幼児やお子様、敏感な大人はこちらで施術を行います。

少数鍼(針)での治療

当院は、少数鍼での治療を行う事が特徴です。メリットとデメリットは以下の通りです。

メリットとデメリット

メリット


患者様の余分な負担が無い

生体からすれば鍼は異物を刺された、灸は火傷したと同じですから、数が少い方が良いのは当然です。
刺鍼の際にはほぼ無痛を心掛けています。

正確に効果が現れ易い

本来鍼灸治療は使用する経穴(ツボ)の数が少いほど良く効きます。1本の鍼が劇的効果を現すのはしばしば体験する事です。

デメリット


治療難易度が高くなる

使用する経穴を少くするには正確な病の分析力と体表観察の技術が要求されるためかなりの研鑽が必要となります。
更に「効かせる」刺鍼、施灸の技が必要なのは当然です。

ご予約・お問い合わせ

ご予約は、お電話のみで承っております。

祝日や臨時休診などは「お知らせ」をご覧ください。

\ お気軽にどうぞ /

※移動中や施術中は転送になる場合がございます。

  治療の特徴  診療案内・料金 
 院長紹介  アクセス 
 口コミ  掲載誌・治療風景 

|  HOME |